今日から株トレーダーになりますと意気込んでも、なろうと思ってなれるものでもありません。簡単な投資の始め方を解説します。

  • ホーム
  • 投資入門!誰でもできる投資の始め方

投資入門!誰でもできる投資の始め方

多くのお金

投資は闇雲に行っても成功するものではなく、綿密な準備と心構えがあって始めて成功する可能性が出てくるのです。
そういった準備などは、実際に投資を始める前に覚えておかなければなりません。

まずは、投資で使われる制度や専門用語を覚えます。
株式であれば現物取引と信用取引の違いといった制度や、ストップ高やストップ安、空売り、押し目買いといった専門用語を覚え、その言葉を見た瞬間に理解できるようになる必要があります。
その言葉が出たときにいちいち調べているようでは、迅速な判断ができず取引機会を逃してしまうこともあるのです。

続いて、取引ツールの使い方を覚えておきます。
取引ツールは口座を開設している証券会社が提供していることが多く、ツールによって使い勝手が大きく異なります。
チャートを表示させる方法や時間枠を変更する方法、そして最も重要な注文の手順などを予習しておくのです。
デモ取引が行えるようであれば、実戦さながらの環境で練習が行えます。

最後に、チャートの見方を覚えることで自分の投資戦略を立てやすくなります。
企業の財務情報や経済全体の動きといったファンダメンタルのみで取引を行う純粋なファンダメンタルトレーダーを除いて、チャートの見方を覚えておかなければ売買する銘柄やタイミングを掴めません。
チャートにテクニカル指標を表示させ、テクニカル指標が示すシグナルがどういう状況を表しているのかを覚えることで売買戦略を立てる参考にするのです。

これらのことを覚えた上で、「投資は損失を出すこともある」という心構えを身に付けておくことも大切です。

投資で使われる制度や専門用語、取引ツールの使い方、チャートの見方を覚えて、そして投資に対する心構えを身に付けてから実際の投資に臨めば、成功する可能性は飛躍的に高まります。

人気記事一覧